取扱店 インタビュー

ラーメン 赤青 MURASAKI

あのラーメン屋さんにも、かねはち水産のホンビノス貝が

JR武蔵小金井駅北口から徒歩4分。小金井街道沿いに位置する「ラーメン 赤青 MURASAKI」さん。そのスタイリッシュな外観は、さながら美容室やBARのよう。女性や年配のリピーターが多いというのも頷けます。
ラーメンせたが屋やRYOMAなど都内の人気店で修行を重ね、独立されたオーナーの星信一さんは、ラーメン業界では知る人ぞ知る有名人。「落ち着いた場所でお店をやりたい」という思いから、ここ武蔵小金井で星さんは2016年2月に「ラーメン 赤青 MURASAKI」をオープンされました。今では地域の方はもちろん、著名なフードライターも来店するなど、営業時には行列が出来るほど注目されるラーメン店に。
今回、お忙しい中お時間をいただいて、かねはち水産のホンビノス貝の魅力についてお話を伺ってきました。

その鮮度の良さと安定的に納品いただけるのが魅力

最近でこそメディアに取り上げられ、認知されてきたホンビノス貝ですが、「スーパーで売っているホンビノス貝では、どれも小さくて満足が出来なかった」という星さん。休日にはホンビノス貝の圧倒的漁獲量を誇る船橋市内の市場に足を運び、商品として使えそうなホンビノス貝と出会いましたが、安定的に卸すのは難しいと断られてしまいました。
「なんてしてでもホンビノス貝を使いたい」諦めきれない星さんはインターネットでホンビノス貝を検索し、ヒットしたページがかねはち水産のECサイトでした。
「初めて商品が届いた時はその鮮度の良さに驚いた」という星さん。かねはち水産のホンビノス貝は「発砲スチロール+殺菌済冷海水」状態で出荷しますので、活きたままの状態でホンビノス貝をお届けできるのが強みです。

ホンビノス貝の出汁感の「赤青醤油らぁめん」が人気

「美味しかったよ。出汁感が良いよね、クセになる!」とお客様から好評なのが「赤青醤油らぁめん」。ホンビノス貝をメインに鶏と魚介を合わせたスープは、中細ストレート麺によく辛み、ホンビノス貝の強い出汁感を堪能できる優しい味わいの一杯です。
「大粒のホンビノス貝しか使いたくなかった」と、出汁を取る時のホンビノス貝のサイズにもこだわりを見せる星さん。かねはち水産のホンビノス貝はサイズも選べたことにも大きな魅力を感じていただけたそうです。当社の商品は創業からの熟練技による商品の大きさの選りわけを行っていますので、ホンビノス貝の調理用途によってサイズを選ぶことが可能というのも、かねはち水産が出荷するホンビノス貝の強みの一つとなっています。

かねはち水産のホンビノス貝と出会えていない方へ

期待していた通りの商品でした。ここまで鮮度の良い状態で出荷いただける卸し問屋は少ないと思います。海水に入った状態で納品される鮮度にも大変満足ですが、こちら側で用途によってホンビノス貝のサイズが選べるというのも、かねはち水産のホンビノス貝を使わせていただくことを決めた要素の一つです。
創業40年のかねはち水産。創業から受け継がれている技で選別・出荷されるホンビノス貝は、間違いありません。値段もお手頃ですので、是非一度かねはち水産のホンビノス貝をお試しください。

「ラーメン 赤青 MURASAKI」インフォメーション

住所:東京都小金井市本町2-20-4

アクセス:JR武蔵小金井駅北口から徒歩4分。(小金井街道沿い)

電話番号:042-382-8392

取扱い商品

  • お試しホンビノス貝
  • ホンビノス貝 2kg
  • ホンビノス貝 5kg
  • ギフト・贈答用
  • 業販はこちら
  • 取扱店 インタビュー

お買物ガイド

  • よくある質問
  • お支払方法
  • 配送・送料
  • 特定商取引法の表記
  • プライバシーポリシー

営業日カレンダー

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
は休業日です