江戸前の貝鮮を千葉県船橋漁港から直送

call047-433-2501
schedule営業時間 - 11:00〜12:00/13:00〜17:00
    (定休日 - 火曜日・土曜日・祝前日)

おすすめレシピ

ホンビノス貝と舞茸の炊き込みご飯

ホンビノス貝と舞茸の炊き込みご飯

ホンビノス貝と舞茸の香りと旨味が口いっぱいに広がる炊き込みご飯です。
大きなホンビノス貝を刻んで使うことで、貝の味がご飯全体に馴染んで美味しく仕上がります。


活きているホンビノス貝での調理はもちろん、
ボイル本美之主貝を使うと貝の加熱と貝殻から身を外す手間が省けるので便利です!

材料(2合分)

  
ホンビノス貝
(メガサイズ)
またはボイル本美之主貝
3〜4玉

50グラム
白米 2合
舞茸 1/2パック
ホンビノス貝のダシ 大さじ3
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
小ネギ・きざみショウガ等 薬味 お好みで

作り方

  1. ホンビノス貝をよく洗ってから鍋に入れて、水を貝の高さの1/4程度(分量外)まで入れ、蓋をして弱火にかける
    ボイル本美之主貝を使う場合はパックごと自然解凍または流水解凍する

  2. 貝が完全に開いたら、身を取り出して2cmほどの大きさに切る

  3. 米をとぎ、下ごしらえでホンビノス貝から出た出汁、醤油、みりんを入れてから、2合分の水加減にする

  4. 舞茸をほぐしながら入れ、ホンビノス貝も入れて、白米と同様に炊飯する

  5. 炊き上がったら全体を混ぜ、器に盛り付ける

  6. 仕上げに小ネギやきざみショウガやゴマやきざみ海苔をパラパラとするとなど彩りが華やかになります

↓このレシピにぴったりのホンビノス貝はこちら↓

Yakuzen Cooking expert Profile

鹿沼聡美(かぬま・さとみ)鹿沼聡美さんお写真
薬膳料理研究家

自らの体調不良を食事で改善したことがきっかけで、
食や健康、生き方を見直したい女性に向けて、薬膳や分子栄養学の講座を開催。 薬膳料理や健康的な食事にありがちな「おいしくなさそう」「難しそう」を覆す、
「簡単なのに健康的でおいしいごはん」が、
仕事や子育てに忙しい女性にSNSと口コミで広まっている。

鹿沼聡美オフィシャルサイト https://satomi.social/