江戸前の貝鮮を千葉県船橋漁港から直送

call047-433-2501
schedule営業時間 - 11:00〜12:00/13:00〜17:00
    (定休日 - 火曜日・土曜日・祝前日)

おすすめレシピ

ゴマ油が香る ホンビノス貝の香味蒸し

ゴマ油が香る ホンビノス貝の香味蒸し

風味豊かで、コクがありつつもサッパリといただける一品です。
決め手は黒酢!特有の香りと、まろやかな酸味がホンビノス貝を引き立てます。

材料(2人分)

ホンビノス貝
(大サイズ)
10個
[生姜黒酢タレ]
生姜 一片
黒酢 大さじ1
醤油 小さじ1
豆板醤 少々
砂糖 ひとつまみ
白髪ねぎ ねぎ10cm分
ゴマ油 大さじ3

作り方

  1. 生姜は千切りにし、調味料と合わせておく。

  2. ホンビノス貝は水洗いし、少量の水(分量外)を注いで口が開くまで蒸し焼きにする。口が開いたら、殻の一方をねじって取り外し、もう一方は器として使う。身は食べやすいように一度殻から外し、戻しておく。

  3. 生姜黒酢タレと白髪ねぎを、それぞれ貝の上にのせる。

  4. 仕上げに、ごま油を煙が出るまでしっかりと過熱し、熱いうちに白髪ねぎめがけてかける。

インパクトのある大きさの大サイズを使いました。
肉厚で、弾力があり、満足感が得られます。

↓このレシピにぴったりのホンビノス貝はこちら↓

「ゴマ油が香るホンビノス貝の香味蒸し」に合う<大サイズ ホンビノス貝>のご購入はこちら

Food coordinator Profile

矢口富貴(やぐち・ふき)
フードコーディネーター


1988年生まれ。
化粧品会社での勤務やパティシエを経て、現在はフードコーディネーターとして活動。
幼い頃からモノ作りが好きで、モノを通して人とつながる仕事に就く。
レシピ開発や調理、スタイリングだけではなく、撮影まですべて手掛ける。
http://konalabo.jugem.jp [FOOD LAB]